常磐百景が運営する当サイト、SNSまたは桜番付その他資料への記載内容や考え方について、参考・引用させていただいている書籍、ウェブサイトを下記に記載します。

記録と発信の歴史を辿ることで見えてくる茨城県と福島県の桜史。

文献詳細をお知りになりたい場合は常磐百景までメール等でお問い合わせください。

参考文献

『常陸名所図屏風』(江戸時代初期)

『櫻番附・草木奇品家雅見3巻』(金太撰輯・文政10年)

『正気の歌』(藤田東湖・天保15年)

『桜史新編』(青山春夢・明治13年)

『水戸紀行』(正岡子規・明治22年)

『大日本博覧図』(青山豊太郎・明治25年)

『新編櫻花集』(大竹多氣・明治26年)

『櫻川事蹟考』(石倉重継・明治28年)

『家庭雑誌 第七拾五號』(家庭雑誌社・明治29年)

『名勝雑誌 第壹號・第二號』(名勝雑誌社・明治30年)

『花波さ久ら』(生田目経徳・明治31年)

『太田勝景誌』(豊田幸延・明治34年)

『少年歴史談 櫻國男児』(魚住嘉三郎・明治34年)

『田村郡郷土史』(田村郡教育會・明治37年)

『桜川誌 戦捷紀念』(石倉重継・明治39年)

『歩兵の本領(原詩)』(加藤明勝・明治44年)

『大日本老樹名木誌』(本多静六・大正2年)

『大日本老樹番付』(本多静六・大正2年)

『茨城懸地誌』(茨城懸教育會・大正5年)

『全國大櫻番附』 (浅田澱橋 東京朝日新聞・大正8年)

『桜 第弐號』(櫻の會・大正8年)

『桜 第参號』(櫻の會・大正9年)

『櫻に関する図書解題略』(三好学・大正9年)

『増補 櫻に関する図書解題略』(三好学・大正9年)

『櫻花概説』(三好学・大正10年)

『櫻花図譜 上巻』(三好学・大正10年)

『櫻花図譜 下巻』(三好学・大正10年)

『天然紀念物調査報告 福島』(三好学・大正11年)

『名勝桜川略記』(桜川保勝會・大正13年)

『發爲萬朶櫻 凝爲百錬鐵』(渋沢栄一・大正13年)

『櫻名木番附』(松川二郎・大正14年)

『天然紀念物解説』(三好学・大正15年)

『名勝温泉案内』(松川二郎・昭和2年)

『旅行禮讃』(谷口梨花・昭和3年)

『老樹銘木誌』 (茨城縣山林會・昭和3年)

『名所案内』(水戸運輸事務所・昭和4年)

『名櫻選集-櫻花二十五種図』(滝沢邦行・昭和7年)

『趣味の史話』(名越那珂次郎・昭和8年)

『天然紀念物調査報告 植物之部第14輯』(文部省・昭和9年)

『櫻の日本』(佐藤太平・昭和10年)

『風致的に観たる日本桜(一)』(丹羽鼎三 論文・昭和11年)

『風致的に観たる日本桜(二)』(丹羽鼎三 論文・昭和11年)

『茨城縣巨樹老木誌 上巻』 (関右馬允・昭和11年)

『日本巨樹名木図説』(三好学・昭和11年)

『常陸國櫻川の櫻樹』(竜軒永井善太郎・昭和11年)

『櫻と日本民族』(佐藤太平・昭和11年)

『福島懸郷土讀本』(社會教育協會・昭和12年)

『悠々旅日記』(倉本彦五郎・昭和12年)

『櫻』 (三好學・昭和13年)

『茨城縣巨樹老木誌 下巻』 (関右馬允・昭和15年)

『櫻史』 (山田孝雄・昭和16年)

『水戸遊記』(山崎正董・昭和16年)

『桜』(香山益彦・香山時彦・昭和18年)

『彼岸桜・植物記』(牧野富太郎・昭和18年)

『伝承記 文部省指定天然記念物 大戸の桜 一名源八桜』 (斉藤子之太郎記)

『桜の森の満開の下』(坂口安吾・昭和22年)

『改訂 常北之山水』(関右馬允・昭和26年)

『さくら』(全日本観光連盟・昭和26年)

『写真と解説 史跡名勝天然記念物』(吉川弘文館・昭和32年)

『櫻男行状』(笹部新太郎・昭和33年)

『日立市巨樹老木集』 (関右馬允・昭和34年)

『桜川』(大東急記念文庫・昭和35年)

『日本老樹名木天然記念樹』 (帝国森林会・昭和37年)

『信濃桜の話・定本柳田國男集第二十二巻』(筑摩書房・昭和37年)

『筑波山』(岩上長作・昭和37年)

『桜川 観世流特製一番本奥附』( 観世左近・昭和39年)

『90年のあゆみ 美野里町立納場小学校編』(納場小学校・昭和41年)

『茨城懸巨樹番附』(関右馬允・本多静六・昭和43年)

『梅と歴史に薫る 水戸の心』(関孤円・昭和44年)

『田村の桜紅枝垂集録』(木目沢伝重郎・柳沼吉四郎・昭和44年)

『関右馬允 撮影 巨樹写真』 (ひたち巨樹の会) 

『常陸国桜川の桜樹「附」関東の名所を語る』 

『寒桜の話・牧野富太郎選集第二巻』(東京美術・昭和45年)

『八郷町誌』(八郷町誌編さん委員会・昭和45年)

『水戸學朗誦文集』(斉藤源之亟・昭和46年)

『出島村史』(出島村教育委員会・昭和46年)

『大和村史』(大和村・昭和49年)

『磯部稲村神社と謡曲桜川』(磯部祐親・昭和50年)

『櫻守』 (水上勉・昭和51年)

『さくら-日本の美』(藤井正夫・昭和51年)

『のうば 創立100周年記念誌』(納場小学校記念誌委員会・昭和51年)

『霊峰加波山』(鈴木市右・昭和53年)

『出島村史(続編)』(出島村教育委員会・昭和53年)

『ある町の高い煙突』(新田次郎・昭和53年)

『偕楽園歳時記』(松崎睦生・昭和53年)

『櫻の精神史』(牧野和春・昭和53年)

『さくら案内』(写真・藤井正夫・グラフ社・昭和54年)

『薄墨の桜』 (宇野千代・昭和54年)

『千代田村の昔ばなし』(仲田安夫・昭和54年)

『にっぽん列島桜旅』(藤井正夫・昭和56年)

『出島村の昔ばなし』(塙義郷・昭和56年)

『千代田村の民俗』(千代田村教育委員会・昭和57年)

『茨城桜見立番付』(川上千尋・昭和58年)

『桜巨木名木巡礼』(藤井正夫・昭和59年)

『ひたち太田巨樹名木盛衰番付表』(川上千尋・昭和59年)

『日立市巨樹名木見立番付』(川上千尋・昭和59年)

『雨引観音ー坂東二十四番の霊場』(岡村安久・昭和59年)

『日本の美 桜』(藤井正夫・昭和60年)

『茨城桜見立番付 改訂版』(川上千尋・昭和60年)

『これだけは見ておきたい桜』 (栗田勇 久保田淳他・昭和61年)

『ふるさと歴史散歩 いわせものがたり』 (古山孝著・昭和62年)

『緑の散歩道 日立の巨樹・名木』( ひたち巨樹の会・昭和62年)

『日立市巨樹名木見立番付』上記付録( 川上千尋・昭和62年)

『ふるさと探訪 謡曲桜川の里から筑波山・霞ヶ浦』(永山正)

『美野里町史(上)』(美野里町史編さん委員会・平成元年)

『ひたちさくら新風土記』(平成元年)

『茨城の自然100選』(朝日新聞水戸支局編・平成元年)

『日本の桜』(写真・藤井正夫・平成2年)

『水戸黄門紀行』 (鈴木一夫・平成2年)

『ふくしまの桜』 (歴史春秋社・平成2年)

『さくら大観』(佐野藤右衛門・平成2年)

『桜前線を旅する』 (安藤亨・平成3年)

『日本の巨樹・巨木林 関東版(I)茨城県 』(環境庁・平成3年)

『茨城の巨樹』 (川上千尋 ひたち巨樹の会・平成3年)

『関右馬允撮影巨樹写真』(ひたち巨樹の会・平成3年)

『在所の桜』 (水上勉・平成3年)

『大子町の巨木・巨木林』 (大子林業改良普及協会・平成4年)

『旅 JTB 1992 4月号 桜だよりと花見の宿』(平成4年)

『櫻』(竹内敏信・平成4年)

『夜桜幻想』(ニュースステーション・平成4年)

『茨城の名木・巨樹』 (茨城県緑化推進委員会)

『取手市の巨木と名木』 (取手市緑の審議会 緑化推進委員会)

『美野里町史(下)』(美野里町史編さん委員会・平成5年)

『日本の桜 山渓セレクション』( 山と溪谷社・平成5年)

『桜と日本人』(小川和佑・平成5年)

『京の桜』(佐野藤右衛門・平成5年)

『ふるさと探訪-謡曲桜川の里から筑波山・霞ヶ浦』(永山正・平成6年)

『日本人のこころ 桜賛歌』(小川和佑・平成6年)

『桜百景』 (森田敏隆・平成6年)

『日本彼岸桜見立番付』(里見信生著・平成8年)

『日本列島桜旅』 (小学館・平成8年)

『茨城の名木・巨樹』(茨城県緑化推進委員会・平成8年)

『醍醐の櫻』( 水上勉著・平成9年)

『会報木霊・1号~100号合本』(ひたち巨樹の会・平成10年)

『茨城の古社寺遍路(中)』(一色史彦・平成10年)

『出島村史誌』(霞ヶ浦町・平成10年)

『山櫻』(竹内敏信・平成10年)

『桜巨木伝』(okada・平成10年)※WEBサイト

『気まぐれ桜旅 旅日記』(モバイラー中ちゃん・平成10年)※WEBサイト

『八郷の巨樹』 (八郷町教育委員会・平成11年)

『ふるさと探訪ー日立の再発見』( ひたち市民双書・平成11年)

『里美の巨樹・古木』 (里美村教育委員会・平成12年)

『ちよだの木々』(千代田町教育委員会・平成12年)

『桜を撮る 竹内敏信・風景写真講座』(竹内敏信・平成12年)

『花見と桜 日本的なるもの再考』 (白幡洋三郎著・平成12年)

『日本の桜、歴史の桜』(小川和佑・平成12年)

『魅惑の巨樹巡り』(須田信行・平成12年)

『茨城の桜名所 茨城写真連盟編』 (茨城新聞社・平成13年)

『櫻よ 花見の作法から木のこころまで』 (佐野藤右衛門著・平成13年)

『常陸国風土記 全訳注』 (秋本吉徳著・平成13年)

『サクラを救え』(平塚晶人・平成13年)

『福島県1本桜番付表』(桜を愛するアマチュアカメラマンの会・平成13年)

『枝垂れ桜花番付』(郡山観光交通株式会社・平成13年)

『新 桜の精神史』(牧野和春・平成14年)

『敷島舘』(敷島一・平成14年)※WEBサイト

『光圀公詠歌 茨城町千貫桜歌碑揮毫に寄せて』(小野春江・平成15年)

『いわき市の文化財』 (いわき市教育委員会・平成15年)

『100年のあゆみ夢』(下大津小学校創立100周年記念事業実行委員会・平成15年)

『ねじ曲げられた桜』(大貫恵美子・平成15年)

『桜さくら』(小林隆・平成15年)

『写真帖・花御殿』(波多野清・平成15年)

『桜の文学史』(小川和佑・平成16年)

『一本桜百めぐり』 (森田敏隆・平成16年)

『ふるさとの伝説』(霞ヶ浦町教育委員会・平成16年)

『ふるさと歴史散歩 いわせものがたり 』(古山孝・平成17年)

『桜が創った「日本」-ソメイヨシノ起源への旅』ー(佐藤俊樹著・平成17年)

『大人の桜旅』(ニューズ出版・平成17年)

『続 魅惑の巨樹巡り』(須田信行・平成17年)

『桜川のサクラ』(サクラサク里プロジェクト・平成17年)※WEBサイト

『日本の桜巨樹』(川上仁司・平成18年)

『会報木霊・101号~200号合本』(ひたち巨樹の会・平成18年)

『茨城県の歴史散歩』(茨城県地域史研究会・平成18年)

『大人の桜旅2006』(ニューズ出版・平成18年)

『大人の桜旅2007』(ニューズ出版・平成19年)

『一本櫻百本』(竹内敏信・平成18年)

『森の巨人たち 鹿嶋市の巨樹名木』(鹿嶋市文化スポーツ振興事業団・平成19年)

『桜日和』(watarigrraphic・平成19年)※WEBサイト

『大人の桜旅2008』(ニューズ出版・平成20年)

『関東の桜ー群馬・栃木・茨城』(小林隆・平成20年)

『第29回企画展 土浦桜物語ーサクラに読みとく土浦近代史』(土浦市立博物館・平成20年)

『いわき百景』(常磐百景・平成20年)※WEBサイト

『大人の桜旅2009』(ニューズ出版・平成21年)

『大人の桜旅2010』(三栄書房・平成22年)

『日本一の桜』 (丸谷馨著・平成22年)

『常陸国風土記の世界』(井上辰雄・平成22年)

『BIG244CAMERA WORKS』(Tsuyoshi Watanabe・平成22年)※WEBサイト

『さくらを守る』(東京樹木医プロジェクト・平成23年)

『大人の桜旅2011』(三栄書房・平成23年)

『牛久の巨樹』(牛久の巨樹編集委員会・平成23年)

『福島県内1本桜番付表 平成23年春場所』 (桜を愛するアマチュアカメラマンの会・平成23年)

『うつくしまふくしま 枝垂れ桜花番付』(平成23年)

『檸檬 桜の樹の下には』 (梶井基次郎・平成23年)

『茗荷谷の猫(染井の桜)』(木内昇・平成23年)

『大人の桜旅2012』(三栄書房・平成24年)

『北関の桜 栃木・群馬・茨城 名木・名所携帯図鑑』 (小杉国夫著・平成24年)

『桜守三代 佐野藤右衛門口伝』 (鈴木嘉一著・平成24年)

『桜のいのち 庭のこころ』 (佐野藤右衛門・平成24年)

『桜伝説』(大貫茂・平成24年)

『水戸桜川千本桜プロジェクト』(平成24年)※WEBサイト

『Mon-mo2012春号』(モンモ編集部・平成24年)

『大人の桜旅2013』(三栄書房・平成25年)

『龍ケ崎のお宝の木・巨樹巨木』(龍ケ崎市都市環境部・平成25年)

『ニッポンの桜100選』 (深澤武・平成25年)

『引揚者の戦後』(島村恭則・平成25年)

『桜川日本花の会』(桜川日本花の会・平成25年)※WEBサイト

『常磐百景』(常磐百景・平成25年)※WEBサイト

『茨城一本桜番付 平成26年春場所』(常磐百景・平成26年)

『日本の桜巨樹』(川上仁司・再発行版・平成26年)

『大人の桜旅2014』(三栄書房・平成26年)

『桜は本当に美しいのか 欲望が生んだ文化装置』(水原紫苑・平成26年)

『さくら第一号』(Daiwa Sakura Aid実行委員会・平成26年)

『桜による松前と英国のつながり』(倉田浩道・平成26年)

『東海村文化財マップ』(東海村教育委員会・平成26年)

『Mon-mo2014春号』(モンモ編集部・平成26年)

『茨城一本桜番付 平成27年春場所』(常磐百景・平成27年)

『心をつなぐ 桜の名所』(公益財団法人日本花の会・平成27年)

『ご報告・英国での松前桜について』(倉田浩道・平成27年)

『会報木霊・201号~300号合本』(ひたち巨樹の会・平成27年)

『里美地区見立て観光名所番付』(里美地区番付編成会議・平成27年)

『桜』 (勝木俊雄・平成27年)

『光圀伝』(冲方丁・平成27年)

『常磐線中心主義』(五十嵐泰正, 開沼博・平成27年)

『桜川と水戸藩の桜』 (水戸桜川千本桜プロジェクト植樹記念誌・平成27年)

『江北の五色桜』(江北村の歴史を伝える会・平成27年)

『一度は見たい桜』(森田敏隆・平成27年)

『「常陸名所図屏風」考』(猪岡萌菜・平成27年)

『茨城一本桜番付 平成28年春場所』(常磐百景・平成28年)

『季刊 森林総研 No.32特集サクラの科学最前線』(森林総合研究所・平成28年)

『そして一本桜』(葛城三千子・平成28年)

『Mon-mo2016春号』(モンモ編集部・平成28年)

『「常陸名所図屏風」考補論』(猪岡萌菜・平成28年)

『福島県の桜めぐりナビ』(平成28年)※WEBサイト

『茨城一本桜番付 平成29年春場所』(常磐百景・平成29年)

『Sun 第1号 春号 サクラが咲かせた人の縁 大戸のサクラと齊藤家の物語』(平成29年)

『ひとひら-桜川-2017年秋2号』(大和ハウス工業株式会社・平成29年)

『サクラの分類と形態による同定』(勝木俊雄・平成29年)

『小石川後楽園 庭園保存会だより第23号』(小石川後楽園庭園保存会・平成29年)

『向ヶ岡弥生町News Letter VOL.15』(原祐一・平成29年)

『浅利政俊氏育成の新品種桜の英国への展開について』(倉田浩道・平成29年)

『日本巨樹見立番附』(石川県巨樹の会・平成29年)

『茨城一本桜番付 平成30年春場所』(常磐百景・平成30年)

『茨城県の桜-常陸国一千三百年の桜史』(常磐百景・平成30年)※WEBサイト

『小石川後楽園 庭園保存会だより第24号』(小石川後楽園庭園保存会・平成30年)

『一度は観たい春を彩る桜の名所』 (昭文社・平成30年)

『桜川という文化基盤・会報河川文化第81号』 (稲葉寿郎・日本河川協会・平成30年)

『茨城の一本桜〜平成茨城 名桜の記録〜』(水戸桜川千本桜プロジェクト・平成30年)

『地図で楽しむすごい茨城』(都道府県研究会・平成30年)

『新復興論』(小松理虔・平成30年)

『日本国紀』(百田尚樹・平成30年)

『さくら第五号』(Daiwa Sakura Aid実行委員会・平成30年)

『桜ミニ図鑑』(日本花の会・平成31年)

『日本の巨樹』(川上仁司・平成31年)

『日立市報ひたち・2/20号』(日立市・平成31年)

『桜川市門毛 茨城で最も美しい盆地里山①~⑩』(吉田寛司・平成31年)

『下大津の桜の保全活動報告』(日本樹木医会茨城県支部・平成31年)

『水戸左近の桜考』(稲葉寿郎・平成31年)

『一度は行きたい絶景桜-東日本編』(ジーウォーク・平成31年)

『桜美景-日帰り大人の小さな旅』(昭文社・平成31年)

『一度は見たい!桜の絶景2019首都圏版』(ぴあ・平成31年)

『おとなの桜旅-首都圏版』(ぴあ・平成31年)

『茨城一本桜番付 平成春場所-彰往考来』(常磐百景・平成31年)

『クマノザクラ見聞録2018/2019』(倉田浩道・令和元年)

『徳川斉昭~不確実な時代に生きて』(永井博・令和元年)

『幕末姫-桜の章』(藤咲あゆな・令和元年)

『大名庭園 藩主のおもい』(第13回大名庭園サミット水戸・東京大会実行委員会・令和元年)

『記者ハンドブック』(共同通信社・令和2年)

『写真で巡るクマノザクラ第二集東紀州』(寺澤秀治・勝木俊雄・令和2年)

『首都圏から行く!桜の絶景2020』(ぴあ・令和2年)

『桜美景-日帰り大人の小さな旅』(昭文社・令和2年)

『月刊みと2020年3月号』(ふじ工房・令和2年)

『櫻の科学22』(日本櫻学会・令和2年)

『第77回企画展 さくら展』(茨城県自然博物館・令和2年)

『i Chat あいちゃっと2020年4月号』(茨城新聞社・令和2年)

『グリーン・エージ5月号』(日本緑化センター・令和2年)

『TREE DOCTOR No27 』(日本樹木医会・令和2年)

『桜川と筑波~桜の文化基盤として~』(稲葉寿郎・令和2年)

『茨城生物第40号-川上千尋先生を偲んで』(安嶋隆・令和2年)

『日本の古桜一本桜探訪』(葛城三千子・令和2年)

『茨城県桜川市さくらめぐりMAP』(大川奈奈・令和3年)

『水戸維新-近代日本はかくして創られた』(マイケル・ソントン・令和3年)

『偕楽園なんでも百科-改訂版第3刷』(偕楽園公園を愛する市民の会・令和3年)

『一度は行きたい!絶景桜2021全国版』(ジーウォーク・令和3年)

『本当に見ておくべき日本の桜絶景-東日本編』(メディアソフト・令和3年)

『常陸国桜物語・千三百年史』(水戸桜川千本桜プロジェクト・令和3年)

『桜の基礎知識を学ぶ』(和田博幸・令和3年)

『お花見の歴史とクマノザクラ』(勝木俊雄・令和4年)

『TREE DOCTOR No29 サクラ』(日本樹木医会・令和4年)

『研究学園・葛城さくらマップ』(NPO法人研究学園・葛城・令和4年)

『ひたちさくら彩プラン』(日立市・令和4年)

『会報木霊・301号~400号合本』(ひたち巨樹の会・令和4年)

『サクラの景観づくり』(和田博幸・令和4年)

『石戸蒲ザクラ展』(北本市教育委員会・令和4年)

『サクラの管理』(和田博幸・令和4年)

『樹勢診断』(和田博幸・令和5年)

『江戸の花見~花爛漫~』(本の万華鏡・令和5年)

『貴重な石戸蒲ザクラ-国指定100周年記念講演』(和田博幸・令和5年)


ウェブサイト・リンク


私が所属している「水戸桜川千本桜プロジェクト」

江戸時代初期、徳川光圀公が常陸桜川からヤマザクラ数百本を移植して「佐久良川」とした地域(現在の水戸市見川、河和田一帯の桜川沿い)に、常陸桜川の中心である櫻川磯部稲村神社様からいただいたヤマザクラの種から育てた苗木を植樹しています。また、光圀公や斉昭公をはじめ、水戸藩ゆかりの地「徳川ミュージアム」や「常磐神社」などにも植樹を進めています。歴史を尊重した植樹は、とても意義のある活動です。水戸桜川千本桜プロジェクトでは、一緒に植樹活動をしながら、茨城県、日本の桜史を学ぶ仲間を募集しています。また、年に3回行われる定期ミーティングでは、様々な方をお招きしての講演なども開催しています。


ついに、日本一の桜巡りウェブサイト「桜日和さん」に茨城県の桜カテゴリページができました!なんと当サイト「茨城県の桜」のリンクバナーまで設置いただきました。

ありがとうございます!リンクに恥じないように、内容を充実させていきたいと思います。桜日和さんは、私が一本桜の世界に夢中になるきっかけをいただいたサイトです。厳選された写真はどれもが旅情を誘うすばらしい作品。10年前、桜日和さんの福島県の桜コーナーに掲載されている名桜古桜を参考にして桜巡りをはじめました。皆さまぜひ桜日和さんの「桜の名木一覧」から各県の桜をご覧ください。茨城県の桜の掲載も今後増えていくかもしれません。いつか茨城福島エリアを飛びだして全国の桜巡りをしてみたいです。


茨城県のあらゆるネタを発信している人気のブログ「茨城見聞録」各地に伝わる歴史や民話をかわいいオリジナルの絵とともに紹介されてます。読みやすくクオリティーの高い記事は必見。茨城を知る、楽しむためにおすすめです。



茨城一本桜番付で審判員をお願いしている高橋先生が運営されている桜の情報サイト。

福島県の情報量は日本一です。福島県の古桜、名桜、大桜、一本桜を愛でに訪ね歩いてみませんか。春には桜が美しく咲き、心和む桜便りが届きます。桜を愛する心やさしい先人が育み、その志を受け継ぎ丹精込めて管理をされている方々に感謝を。桜の名称、樹齢、所在地、緯度経度、見頃、標高など、詳細データを網羅した、まさに桜めぐりのためのウェブサイトです。


参考音楽

バレエ組曲プルチネルラ(ストラヴィンスキー)

フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313 第一楽章(モーツアルト)

踊れ、喜べ、幸いなる魂よ(エクスルターテ・ユビラーテ)(モーツアルト)

ピアノ協奏曲 第2番 第2楽章(ラフマニノフ)

パガニーニの主題による狂詩曲(ラフマニノフ)

無伴奏チェロ組曲 第1番~6番(ヨハン・ゼバスティアン・バッハ)

チェロ協奏曲 ホ短調 作品85(エドワード・エルガー)

清らかな女神よ「歌劇ノルマ-第1幕アリア」(ベッリーニ)

私は卑しい芸術の下僕「歌劇アドリアーナ・ルクヴルール-第1幕アリア」(チレア)

オンブラ・マイ・フ「歌劇セルセ-第1幕アリア」(ヘンデル)

私を泣かせてください「歌劇リナルド-アリア」(ヘンデル)

カヴァレリア・ルスティカーナ(マスカーニ)

私のお父さん(プッチーニ)

誰がドレッタの美しい夢を「歌劇つばめ-第1幕アリア」(プッチーニ)

ラ・カリファ(エンニオ・モリコーネ)

ああ、わがふるさと「歌劇ラ・ワリー」(アルフレッド・カタラーニ)

月によせる歌「歌劇ルサルカ第1幕」(アントニン・ドヴォルザーク)

Stand Alone with Piano(サラブライトマン×久石譲)