大正昭和の名桜

【黄門櫻】

東茨城郡渡里村大字圷 香積寺内

樹齢500年、幹周12尺、樹高2.5間

源義公御観覧アリタル彼岸櫻ナリ


【墨染櫻】

那珂郡大宮町東富

樹齢250年、幹周20尺、樹高15間(老樹銘木誌)

樹齢500年、幹周5.37m、樹高11m(茨城縣巨樹老木誌)

櫻では常北随一の巨樹


【常寂光寺の糸櫻】

久慈郡金砂郷村大字中利員 常寂光寺境内

樹齢250年、幹周18尺、樹高4間

水戸義公此地通過ノ際手植セシモノナリト云フ(老樹銘木誌)

「糸櫻」と云って有名である。著者が此の寺院を訪ねた時「開山三百年」と云われたので、老櫻の樹齢と矛盾して居るのに不審を抱いたが、だんだん調べると此寺はずっと古くから在ったのを光圀公が改宗して(日蓮宗)に改めたのが判明した。口碑もないが四百年代の古木たる事は歴然として居る。此の北方六キロ上宮河内の菊蓮寺の糸櫻と、久昌寺の糸櫻と、此の糸櫻とは種類も樹齢も同一で、且つ共に光圀公に縁故あるより見れば文献でも現はれると、面白い事が鮮明される事と思ふ(茨城縣巨樹老木誌)


【久昌寺の糸櫻】

久慈郡誉田村大字新宿 久昌寺境内

樹齢400年、幹周12尺、樹高5間(老樹銘木誌)

樹齢400年、幹周3.12m、樹高8m(茨城縣巨樹老木誌)

此の寺は、もと蓮華寺と云ふたのを、山ノ寺を合併して現稱となつた。源光圀公の御手植と云つて居るが記録によると光圀公此の寺に遊んだ折、観櫻の和歌を詠んで居るから、著者の観察では四百年に近い老樹と思ふ(茨城縣巨樹老木誌)


【丹尺櫻】

久慈郡大子町大字上岡 八幡神社境内

樹齢250年、幹周19尺、樹高3間

西行法師手植ノモノト云フ

親木ハ枯死シ萌芽セルモノナリ


【小町櫻】

行方郡八代村大字上戸 観音寺境内

昔時小野小町コノ地に遊ヒ古刹ニ止ルコト誓シ自ラ櫻ヲ植エ小町櫻ト名ツケタリト云フ


【御手植櫻】※奇桜

行方郡津和村大字築地 道祖神境内

樹齢300年、幹周8尺、樹高3間

源義公妙光寺會遊ノ際コノ地に携ヘ来リシ名櫻ヲ手植セラレタシモノナリ


【御前櫻】※記事にしました。

行方郡武田村大字小貫

樹齢500年、幹周15尺、樹高6間


【小町櫻】

筑波郡筑波町 筑波神社境内

樹齢150年、幹周6尺、樹高2.5間

小野小町手植ノ櫻ナリト云フ

「筑波嶺の若木の櫻いつみても、年は経れども色は変らじ」ノ歌アレトモ詳ナラス


【不動櫻】

真壁郡騰波ノ江村 不動尊境内

樹齢400年、幹周13尺、樹高8間

古来ヨリ名木トシテ地方民ノ尊敬セル處ナリ

先年宮内省ヨリ保護費トシテ御下賜金アリタリ


以上は老樹銘木誌 茨城縣山林會(昭和3年発行)、茨城縣巨樹老木誌上下巻 関右馬允著(昭和11年、15年)より引用しました。


【照明寺の枝垂櫻】

那珂郡佐野村佐和

樹齢200年、幹周3.4m、樹高18m

昔、常地に照明寺と云ふ寺院があったが、火災に遭ったので其の跡に、此の櫻が植えられたと傳えられて居る


【額田神社の糸櫻】

那珂郡額田村額田北郷

樹齢250年、幹周2.8m、樹高14m

額田宿の北方、神社馬塲先の傍らにある


【小木津の糸櫻】

多賀郡日高村小木津

樹齢300年、幹周3.67m、樹高15m


【西明寺の枝垂櫻】

多賀郡磯原町字西明寺

樹齢350年、幹周3.31m、樹高14m

昔、寺院の境内に在ったが、維新前廃寺になり今は跡形もない。しかし寺名が地名となって残って居るのを見ると、余程由緒も有ったらふが、遺憾ながら現在の所有者は判明しなかった。


【天神林の糸櫻】

久慈郡佐竹村天神林大字共有地

樹齢300年、幹周2.73m、樹高9m

源義公手植と傳えられて居る。


【菊蓮寺の糸櫻】

久慈郡金砂郷村上宮河内

樹齢300年、幹周3.25m、樹高7m

傳説文献はないが珍しい老樹である。矢張り■齢に近く、枝幹枯死して僅かに余喘を保つて居る。


【徳田苗代櫻】

久慈郡小里村徳田 墓地内

樹齢400年、幹周3.79m、樹高13m

往古より「苗代櫻」と云はれ、此の花が咲くと此の地方では苗代をする事になって居る。

今は四隣へあまり接近して杉を植栽したから此れが成長すれば老櫻のため悪結果を来たすであらふが惜しいものである。


【八龍神社の櫻】

久慈郡大子町上岡 境内

樹齢300年、幹周2.12m、樹高10m

口碑傳説なく、幹周も太いものでないが、石垣の横腹から飛び出してアーチ型をなし樹端は地に接して居る、形態臥龍に似て奇、且つ老齢であるから余命幾何もないと思った。


【八雲櫻】

久慈郡袋田村袋田

樹齢300年、幹周3.34m、樹高20m

古より「八雲櫻」と呼ばれて居たが、口碑傳説はない。


【遅塚家の山櫻】

東茨城郡緑岡村大字見川

樹齢200年、幹周3.73m、樹高20m

この邊は水戸藩時代の稗蔵の跡で、老松巨樹が繁茂して居たが、個人有となるに及んで惨伐されて了つた。獨り此の櫻樹のみは理解ある現地主のため巨大なる成育を遂げ、現在では個人有の櫻樹としては縣下で大關格となつて居る。


【妙徳寺の糸櫻】

【千貫櫻】

【御領天神旗櫻】

【眞光寺の寄り木】

【遍照寺跡の糸櫻】

【西光寺の匂櫻】

【大日堂の糸櫻】

※追記中


以上は茨城縣巨樹老木誌 上下巻 関右馬允著(昭和11年、15年)より引用しました。