【報告】第3回桜守養成講座

令和4年3月撮影


(一社)櫻川保勝会/桜川市が主催している「第3回桜守養成講座」に参加しました。今回のテーマは「サクラの保全、再⽣に向けて」。前半は櫻川磯部稲村神社磯部宮司様から桜川の歴史についてお話がありました。
後半は講師の和田先生(日本花の会・樹木医)の講義でした。特に「桜を見るポイント」「桜の状態」について図や写真での説明が勉強になりました。また、「桜に寿命という概念はない」という言葉には大変感動した次第です。参加者との質疑応答で、「桜川の山桜は市の誇りではなく、茨城県、関東の誇りだ」と発言した方がいらっしゃいましたが、完全に同意であります。桜川は東日本最古の桜名所として、歴史的重要性も広く認識が成されるべきです。企画運営の皆様、ありがとうございました。さくま あきらさん、貴重な資料を見せていただき、ありがとうございます。
次回の第4回もよろしくお願いします。

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表