これまでの展示・講演

平成29年10月

福島県双葉郡富岡町 仮囲い壁面 

夜ノ森桜並木写真提供


平成29年10月 

茨城県笠間市 お弁当わさび様

茨城一本桜番付掲示


平成29年6月

水戸桜川千本桜プロジェクト総会

茨城県の桜フォトムービー上映

平成29年6月 

水戸桜川千本桜プロジェクト総会

茨城県の桜写真展示


平成29年5月

茨城県小美玉市四季文化館みの~れ

陽だまり横丁10周年記念展示 茨城一本桜番付限定版 出展


平成29年4月

茨城県小美玉市 四季文化館みの~れ 陽だまり横丁

茨城一本桜番付写真展示(Joban Didital Photo Gallery)


平成29年4月

茨城県土浦市中村南 hair&esthetics repos様 

茨城一本桜番付写真展示


平成29年4月

茨城県ひたちなか市馬渡 常陸蛇の目様

茨城一本桜番付掲示


茨城県大子町小生瀬 小生瀬地蔵桜

茨城一本桜番付掲示


茨城県那珂市 阿弥陀寺様

茨城一本桜番付掲示


平成29年3月

茨城県つくば市研究学園 慈久庵つくば荘 酒趣様 

茨城一本桜番付写真スライド上映


平成29年2月

茨城県東茨城郡大洗町 港食堂かじま様

茨城県の桜写真スライド上映


平成29年3月

茨城県水戸市青柳町 そば青柳様

茨城一本桜番付掲示


平成29年3月

茨城県水戸市青柳町 そば青柳様

茨城一本桜番付掲示


平成29年3月

常陽リビング3月18日号 

大曲の桜写真掲載


平成29年3月

常陽リビング3月25日号 

多宝院のシダレザクラ、般若院のシダレザクラ、石岡の一里塚桜写真掲載


平成28年8月

茨城県水戸市 ホテルアークビジネス様

WEBサイトに茨城県の桜写真提供


平成28年4月

水戸桜川千本桜プロジェクト 

水戸藩桜物語第三章~水戸藩ゆかりの一本桜の旅~

茨城の桜マエストロとして企画参加


平成28年4月

FMぱるるん「RIVERFOOT STYLE」出演


平成28年4月

茨城県水戸市千波町 とう粋庵様

水戸桜川千本桜プロジェクト 第二回水戸夜桜之宴

千本桜フォトムービー上映


平成28年03月

ラヂオつくば「茨城王イバラキングのごじゃっぺラジオZ」出演


平成28年03月

福島県の情報誌モンモ第61号春号 いわき一本桜めぐり 掲載


平成28年2月

よみうりタウンニュース2月18日号

茨城一本桜番付掲載


平成28年2月

水戸桜川千本桜プロジェクト

常陸国・桜・歴史絵巻 上映


平成27年06月

水戸桜川千本桜プロジェクト

茨城の美しき一本桜の肖像 講演


平成27年4月

茨城県つくば市 天龍本店様 

茨城一本桜番付掲示


平成27年4月

茨城県坂東市 歓喜寺様

茨城一本桜番付掲示


平成27年4月

よみうりタウンニュース4月2日号

泉福寺のシダレザクラ掲載


平成27年3月 

大子・常陸大宮コム様

茨城一本桜番付写真提供


平成27年3月 

よみうりタウンニュース3月19日号

茨城一本桜番付掲載


平成27年3月

水戸観光写真展企画

茨城一本桜番付写真展示

水戸第一ホテル本館・別館様 

水戸プリンスホテル様

ホテルアークビジネス様

ホテルシーラックパル水戸様

やまの湯様(番付展示、写真スライド上映)


平成27年3月 

朝日サリー3月号

いわき市内の桜写真提供


平成26年9月

奈良県北葛城郡広陵町 手打ちそば はやし様

茨城一本桜番付掲示


平成26年4月

茨城県土浦市

にぎりや松様

茨城一本桜番付掲示



平成25年3月 

有限会社トライアート様「トライアート通信40号」 

上石の不動桜写真提供


平成24年3月 

福島県の情報誌モンモ第37号春号 

寶林寺の紅枝垂れ桜写真提供


平成23年10月 

ほぼ月刊たびとのWEBマガジン「ほぼたび。」 

「たびと百景」写真記事提供


平成23年4月

福島県いわき市小名浜 二ツ橋酒のまるとみ様 

いわき市内一本桜番付写真展示


平成23年4月

ウェブマガジン「tetote onahama」 掲載

Re:vive 坂野 秀司さん

いわきの美しい景色だけを集めた『いわき百景』というウェブサイトがある。 その編集長、坂野秀司さんもまた、小名浜を愛するひとりだ。 震災に見舞われ、美しい風景が一夜にして変わってしまった港町。 それでも坂野さんは、小名浜の美しい風景だけを撮り続けていくつもりだ。 (取材/文:小松 理虔) 坂野さんが『いわき百景』を立ち上げたのは、今からおよそ2年前。「娘に、お前が暮らしていたいわきって、こんなに美しいところだったんだぞって、ちゃんと写真で伝えたくて」。そんな想いがきっかけだった。仕事の合間、デジカメを手に、市内のあちらこちらに通う日々。写真は少しずつ増えていき、最近では、これまで撮り貯めた桜の写真などが評価され、展示や撮影の依頼も舞い込んでいたそうだ。 ちょうど、震災一日前の3月10日も、展示を依頼されていた三崎公園近くの宿泊施設を訪れていた。「僕のサイトを見つけてくれた幹部の方が、僕の写真を飾ってくれると言うので、何枚でも使ってください、いわきの景色が1人でも多くの人に伝わるならと、そう思って、自腹でパネルを作ったりして、すごく楽しみにしていたんです」。その次の日に、まさかあんなことになるとは、思いもよらなかっただろう。 3月11日。坂野さんは、仕事の関係で旧6号国道を車で走っているときに、大きな揺れに襲われた。ハンドルを押さえられないほどの大きな揺れ。とっさに道路脇に停車し、大きな事故には至らなかったが、家族との連絡がとれず、恐怖と緊張に襲われ、手の震えが止まらなかったという。「僕の場合は、幸運にも、家族にケガもなく、自宅も大きな被害を受けずに済みました。でも、石巻や八戸、そしていわきの沿岸と、これまで転勤を重ねてきて思い入れのある場所が、みんな津波でやられてしまいました。ほんとうにショックでした」。 坂野さんにとって、小名浜は特別な場所だ。「たまたま娘の幼稚園の手続きをした帰りに三崎公園を通ったら、その青空がほんとうにきれいだったんです。マリンタワーのスカイデッキに上って見えた青い海と空、緑の芝生。こんなに美しい景色があるなんて、感動しましたね」。それからというもの、カメラを持ち歩く日が増え、『いわき百景』はますます充実していくことになる。 思い入れのある場所だからこそ、小名浜の被害の状況が明らかになるにつれ、気持ちは凹んでいったという。「本当に泣きそうでした。

小名浜発|地産クリエイティブを伝えるウェブマガジン


平成22年8月

地域力宣言2010in原宿表参道 和のこころ 幻想灯夜

小川諏訪神社のシダレザクラ写真提供


茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表