【日立市】日高交流センターの日立紅寒桜

茨城県日立市日高町2丁目2-1 日立市日高交流センター


JR小木津駅前に植樹された中から発見された新種「日立紅寒桜(ヒタチベニカンザクラ)」

その原木はここ日高交流センター広場に移植された後に枯れてしまったそうです。

移植した理由は、桜の根が伸びて、列車の運行に支障をきたす恐れがあったからだそうです。

現在、日高交流センター広場には、平成11年に接ぎ木で発芽したクローンの第1号が植えられています。これが2代目です。

寒緋桜(カンヒザクラ)と山桜(ヤマザクラ)の交配品種とされる日立紅寒桜。

例年の見頃は3月上旬ということです。


平成30年撮影

日立紅寒桜について詳しくは、下記リンク先を参照ください。

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表