【潮来市】潮来築地の奇桜

平成30年4月撮影

茨城県潮来市


徳川光圀公お手植えの伝承が残る古木で、推定樹齢は320年と案内板に書かれています。

当初ヤマザクラだと思っていましたが、写真で花と葉を見る限りこれはオオシマザクラの可能性が高いです。だとすれば茨城県で最も古いオオシマザクラということになります。

鹿島神宮の拝殿前にもオオシマザクラ。

香取神宮の楼門前の「黄門桜」もオオシマザクラ。

そして鹿嶋市猿田地区には鹿行地域最大のオオシマザクラがあるお宅が。

江戸時代に潮来にオオシマザクラが植えられたということは十分考えられるのです。

花が珍しいから「奇桜」という名が付いたのか。定かではありません、大きな謎です。

主幹は枯れていて、周りからひこばえが成長して花を咲かせています。


奇桜は同地区に鎮座する熱田神社の氏子様によって守られているようです。


熱田神社 境内石碑

日本武尊、東征の折当地に立ちより、東は鹿島、南向香取、西方遥かに筑波の霊峰を望み、北は北浦に接し展望絶景高燥の地なるを以って戦勝祈願を行ったという。この地にあって尊の命に従い功のあった三十番神を褒め称えた。 村人はその跡を都恵地(築地)と称し祠ありしが、大同元年(806年)社殿をつくり日本武尊を祭神とし三十番神を合祀、尊崇した。 延宝3年(1673年)水戸藩主・光圀公巡視の折、由来を尋ねられ熱田神社の神号を賜る。

平成30年4月撮影

平成30年4月撮影

平成30年4月撮影

奇桜の傍には赤いお社があります。道祖神が祀られています。

平成30年4月撮影


茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表