【桜川市】櫻川磯部稲村神社

平成29年4月撮影

茨城県桜川市 櫻川磯部稲村神社

桜川のサクラ 11品種 国指定天然記念物 


平安時代、歌聖紀貫之の和歌によって名を轟かせた桜名所「桜川」
 

室町時代、能楽師世阿弥によって有名となった『謡曲桜川』 

世にいう「桜川」とは、櫻川磯部稲村神社をはじめとする近隣一帯のことであり、東日本における最古の桜名所がここ桜川なのです。 


水戸藩主徳川光圀公は、櫻川磯部稲村神社に参拝しており、ここ桜川の山桜数百株を、水戸城下に続く川の一帯に移植しました。それが現在の「水戸桜川」です。 

笠間藩主の牧野公も笠間藩領に桜川の桜を移植したと伝わっています。 


日本の桜史を見ていくと、ここ桜川の桜は各地に広まる桜名所の原点となっており、江戸(東京)をはじめ非常に広範囲に渡って影響しています。  

小金井桜や隅田川の桜も、桜川の桜が移植されて作られたことは有名な話です。 

明治時代には桜川のために生涯を捧げたといわれる偉人「石倉翠葉(重継)氏」が桜川保勝会を創設し『櫻川事蹟考』を出版。

このことが後の桜博士三好学先生の訪問につながり、天然品種のシロヤマザクラ群を絶賛されました。 

国指定名勝地、国指定天然記念物となった背景には、このようなものすごい歴史があるのです。


茨城県の桜史を見直す中で、各地に存在した巨桜名桜の履歴を追いかけます。
たとえ現在は枯れて見ることができない桜であっても、かつて存在していた事実と継承などが記録できれば、より豊かな桜史が浮かび上がると考えています。

磯部の山桜、磯部三大桜
昭和15年に発行された『茨城縣巨樹老木誌 下巻』 (関右馬允・昭和15年)に掲載されている「磯部の山櫻」
所有者稲村神社、樹齢350年、幹周13尺(4m)、樹高15m
記載されている上記数字からもかなり太い桜だとわかります。
また、大正8年に東京朝日新聞に掲載された『全國大櫻番附』 (浅田澱橋・大正8年)にも「磯部の山櫻」として2本掲載されています。その2本は幹周1丈7尺(5.12m)と、1丈5尺(4.5m)と記載あり。

これらのヤマザクラはすでに枯れていて見ることはできないとわかっていますが、その詳細が知りたくて、櫻川磯部稲村神社の宮司様を訪ねました。そして貴重なお話をお聞きしました。お忙しい中対応してくださりありがとうございます。

宮司様によると、桜川には特に太いヤマザクラが3本あったそうで、「磯部三大桜」と呼ばれていたらしく、明治時代に撮影された写真を用いて三大桜の絵葉書が作られていたとのことで、その絵葉書が掲載されている資料を見せていただきました。
絵葉書には太いヤマザクラが写っていて、幹周りなどの詳細も記載されています。
宮司様によると『全國大櫻番附』 (浅田澱橋・大正8年)に載った2本は、その三大桜のうちの幹周8尺以上で絵葉書に掲載されている2本だろうとのこと。

その2本のうち『茨城縣巨樹老木誌 下巻』(関右馬允・昭和15年)に載っている1本は、最も太いもので、現在の「磯部櫻川公園」手前の民家付近で磯部稲村神社参道にあった桜とのことです。

平成30年3月撮影

平成30年3月撮影

こちらは一足早く咲く小彼岸。

令和2年3月撮影

令和2年は例にないほど早く開花しました。

「初見桜」もこんなに早く咲く年はないといわれました。

令和2年3月撮影

令和2年3月撮影

令和2年3月撮影

令和2年3月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影


私が在籍する「水戸桜川千本桜プロジェクト」は、徳川光圀公の意志を継いで、水戸の桜川にヤマザクラの風景を復活させようと植樹活動をしている団体です。

櫻川磯部稲村神社の桜の種を頂いて、水戸市見川(光圀公が設定した水戸佐久良川の地区)で苗木に育て、それを水戸桜川周辺の公園や、徳川ミュージアム敷地内、常磐神社境内などに植樹しています。

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表