【桜川市】御領天神山桜

茨城県桜川市御領



『茨城懸巨樹老木誌』(関右馬允・昭和15年)

旗櫻

幹周:四米〇三(一三尺三)

樹高:二五米

樹齢:二〇〇年

由緒:此の土地は御領天神の祭典に使用さるる由で、傍に十二尺四寸と十一尺六寸の二股の老櫻がある。


『いわせものがたり』(古山孝・昭和63年)

集落西方の地、御領とは国や幕府の直支配のことであり、この地内には古くから天満宮が祭られ、春の天神祭りには着飾ったお針娘たちで、昔は相当なにぎわいであったと伝えられる。  そして境内には、約三十年前までは、それは見事な山桜の巨樹があって、遠くからも眺められたということである。


近所にお住いの初老にお話を伺いました。

いわせものがたりにある通り、昔は遠くからでも満開の花を見ることができたそうで、天神様の桜は有名だったそうです。

なぜ旗桜という名前なのか?

これは、雄しべの一部が花びらになる「旗弁」というものが出ていたからではないかと推測できます。

現在の桜がその代を継ぐものなのかは定かではありませんが「旗弁」は確認できませんでした。

しかし今でもこうして天神様がお社に祀られており、その目の前に咲くこのヤマザクラは、意味なく咲いているとは考えられません。

花にも特徴があり、学術面でもなんの系統なのか調べてみる価値があると思います。

平成30年撮影


茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表