【土浦市】真鍋の桜

平成29年4月撮影

茨城県土浦市 真鍋小学校

県指定天然記念物


明治40年(1907年)に校舎移築の時の落成記念樹として植えられました。

校庭の真ん中に巨大な桜が5本並ぶ風景。

唯一無二、至高のソメイヨシノ風景です。

最大幹周は5.1mと、環境省の調査ではソメイヨシノとして全国第2位の太さを誇ります。


昭和57年(1982年)から行われている「新入生を迎えるお花見集会」が有名で、入学式の数日後、桜の周りを6年生が1年生を背負って1周する伝統行事です。

植樹された当初は校庭の端に咲いていましたが、数度の拡張工事で中央に位置するようになりました。尚、現在校庭の周りには30本近いソメイヨシノが植えられており、校庭が花でいっぱいになります。

平成29年4月撮影

平成29年4月撮影

平成29年4月撮影

平成29年4月撮影

平成29年4月撮影

平成27年4月撮影

平成27年4月撮影

平成27年4月撮影

平成27年4月撮影

平成25年4月撮影

平成25年4月撮影

平成31年1月撮影

『茨城一本桜番付 平成31年冬場所』作成のため、一番西側の桜を当記事1枚目の写真と同じ構図で撮影しました。

古木は日々衰退しています。赤く記した箇所の枝が減りました。

特に右側の大枝が落ちていたことにショックです。

平成31年1月撮影

折れた箇所の内部には無数の細根が通っています。そしてそこからひこばえが出ていました。

桜の生命力を感じます。

平成31年1月撮影

東側2本目の桜も主幹は切られていて、真ん中からひこばえが成長しています。

桜の再生途中を観ることができます。

平成31年1月撮影

平成31年1月撮影

平成31年1月撮影

真ん中の桜は根がすごいです。


ソメイヨシノの古木・巨樹について詳しくは下記「桜日和」様の記事を参照ください。

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表