【笠間市】唯信寺の枝垂れ桜

平成31年3月撮影

茨城県笠間市


宍戸3ヶ寺のひとつ唯信寺。

境内には様々な品種のシダレザクラが咲き誇りますが、中でもこの古木が味わい深いです。

右奥に見えるのはお隣光明寺の桜。


宍戸城主、宍戸義治が稲田の草庵(現在の西念寺)にいた親鸞のもとで弟子となり唯信寺を建立しました。(当時の唯信寺の場所は不明)

寛文7年(1667年)現在地に移転したようです。

すぐお隣に光明寺、さらにその隣に完全寺があり、いずれもシダレザクラで有名なお寺です。

桜が満開の時期にはたくさんの観桜客で賑わう人気の桜名所です。


笠間市宍戸エリアには、シダレザクラで有名な寺院がありますが、よく知られているのは「完全寺」「光明寺」「唯信寺」の3ヶ寺です。 

宍戸エリアには他にも複数の寺院が集中しており、これら9ヶ寺全てでシダレザクラを確認しました。 

これに「小人町集落センター」、「大田町の枝垂れ桜」を加えて、計11ヶ所。 

まさにシダレザクラの町といえます。 

寺院とシダレザクラの関係性については別記事で解説しています。 


宍戸の寺院一覧(順不同) 

完全寺、光明寺、唯信寺、浄乗寺、龍穏院、円通寺、清水寺、養福寺、高寅寺

平成31年3月撮影

平成25年3月撮影

令和2年3月撮影

令和2年4月撮影

写真提供:冨山幸治さん(龍ケ崎市)

令和2年4月撮影 

写真提供:冨山幸治さん(龍ケ崎市)

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表