【笠間市】八坂神社の枝垂れ桜

平成31年4月撮影

茨城県笠間市 八坂神社


推定樹齢400年といわれる笠間市最古のシダレザクラ。

神主さんにお話を伺いました。

毎年どこかしらの枝が折れているそうで、あと何年持つだろうかと心配されてました。

中央上部の枝は東日本大震災の時に折れたそうです。

昔は桜を取り囲む柵はありませんでしたが、桜が傷んできた時樹木医さんに相談して柵を設けたとのこと。

幹の中は空洞化しており、昔はその中に子供が入れた

掘って調べてみたら根は鳥居近くまで広がっているそうで、以前は何も考えずに桜の周りを踏み固めていたのだとか。


折れた枝の裏側は朽ちて土になりつつあります。そこに別な木が寄生して宿り木となっていました。

隣には樹齢200年のシダレザクラがあります。

また、鳥居付近にヤマザクラと、西側斜面にソメイヨシノが植えられています。

平成30年には珍しくこれら3つの品種の桜が同時に満開になったそうで、神主さんの記憶でははじめてのことだったそうです。

ライトアップすべきかどうか、枝の除伐のやり方、ひこばえや後継樹の重要性など、様々な課題についてお話ができました。

平成31年4月撮影

平成28年4月撮影

令和2年3月撮影


※当サイト掲載文章及び写真の無断転載、コピーを禁止します。 ※当ホ-ムペ-ジにおいて提供する情報の全体又はそれを構成する個々の文章、資料、画像、音声等には著作権があります。許可なく複写、複製、転載、頒布等の二次利用を禁止します。また、許可を得ての転載の際に、内容を変更、加筆修正等を行うことも同様に禁止いたします。

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表