【常陸太田市】お薬師様の枝垂れ桜

令和2年4月撮影

茨城県常陸太田市


『里美地区見立て観光名所番付』(里美地区番付編成会議・平成27年)の巨樹・老木部門で、東前頭筆頭に「薬師堂のしだれ桜」と掲載されているシダレザクラの古木。

満開時期が遅いことと花の具合から、純粋なエドヒガンシダレザクラではなく、ヤマザクラの血が入ったシダレザクラだと思います。

この場所は昔永明寺というお寺があったそうです。

桜の根元の泉の湧き水は眼病に効くという伝承がありますが、これは常陸六井に代表される、茨城県内各地に残る泉でよく耳にする話です。

『里美の巨樹・古木』(里美村教育委員会)によると推定樹齢は350年。

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影

桜の根元には泉が湧き出ています。

令和2年4月撮影

泉には鯉が泳いでいます。

令和2年4月撮影

令和2年4月撮影


平成30年4月撮影

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表