【那珂市】阿弥陀寺の枝垂れ桜

平成30年3月撮影

茨城県那珂市 阿弥陀寺


鐘楼との組み合わせは至高の情景。

阿弥陀寺は親鸞の弟子(二十四輩)のひとり、定信が建保5年(1217年)に開いた名刹。

日乗上人日記に元禄11年光圀公訪問の記述があるそうで、この桜は光圀公お手植えと伝わっています。

幹周りから推測すると2代目でしょうか。


茨城県の名桜を巡ってみると、桜を植え分けしてきた歴史が見えてきます。

まずはこのような神社仏閣に植えられる木というものは、しっかりとした意味をもって植えられています。どこもかしこもソメイヨシノという時代は明治以降のもので、昔は神社にはヤマザクラ、寺院にはシダレザクラ(彼岸桜)が植えられてきました。

これは宗教をしっかり分けて捉えていきましょうという、神仏分離の考え方が反映されているものと思います。

水戸をはじめ、潮来や常陸太田、大子など各地に徳川光圀公お手植え桜の伝承が残っていますが、ヤマザクラを敬愛した光圀公も、寺院にはシダレザクラを寄贈しており、これは偶然ではなく、宗教による植え分けの意図があったことは明らかでしょう。

山桜=神道(コノハナノサクヤヒメ)=神社

彼岸桜(シダレザクラ)=仏教=寺院

平成30年3月撮影

圧倒的存在感を誇る全盛期のシダレザクラ。

令和2年3月撮影

令和2年3月撮影

令和2年3月撮影

令和2年3月撮影

平成30年3月撮影

平成30年3月撮影

平成30年3月撮影

平成30年3月撮影

平成28年3月撮影

平成28年3月撮影

平成26年3月撮影

平成26年3月撮影

平成25年3月撮影


※当サイト掲載文章及び写真の無断転載、コピーを禁止します。 ※当ホ-ムペ-ジにおいて提供する情報の全体又はそれを構成する個々の文章、資料、画像、音声等には著作権があります。許可なく複写、複製、転載、頒布等の二次利用を禁止します。また、許可を得ての転載の際に、内容を変更、加筆修正等を行うことも同様に禁止いたします。


茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表