【結城市】東光寺の枝垂れ桜

令和2年3月撮影

茨城県結城市 東光寺


文亀3年(1503年)松庵宗榮の弟子日州幸永の法孫天佑舜貞が古屋敷に建立開創。天文4年(1535年)古屋敷より大木(現在地)に移転した古刹。

古くから日本には寺院にシダレザクラ(彼岸桜)が植えられる風習がありますが、それが受け継がれているのでしょうか。まだ若木ですが、二代目三代目の可能性があり、来歴が気になります。

茨城県の桜

常陸国一千三百年の桜史と平成の桜の記録 茨城一本桜番付 平成春場所の発表